Menu

聴診器

感染すると妊娠に影響も

性病に感染すると、不妊症になったり、胎児に影響が出る場合があるため、定期的に性病検査を行うことが大切です。病院に行きづらい人やプライバシーを守りたい人は、自宅で簡単に行える簡易検査を利用すると大変便利です。

人形

自覚症状が出にくい病気

いくつもの種類がある性病は、細菌によって検査方法が異なるため、産婦人科で必要な検査をしてもらうことが大切です。病院に行けない人は、自分で採取して郵送でやり取りできる簡易検査キットを利用して、手軽に性病検査をすることもお勧めです。

医師

感染拡大を防ぐ

性病検査は感染拡大を防ぐためや症状の悪化を防ぐために大事です。人気の医療機関では患者のプライバシーに配慮していることはもちろん、診察時間が便利であることや相談しやすい環境が整えられていることが挙げられます。

看護師

性病を拡散させないために

性病に感染すると不妊症などの危険性があるため、たとえ自覚症状がなくても性病検査でチェックすることが大切です。また、性病は初期症状がほとんどないため、感染を拡大させないために、不特定多数の人との性交渉やコンドームの未使用などは避けるべきです。

医師

検査方法を正しく知ろう

ちょっと抵抗がある性病検査。しかし感染しているにもかかわらず、そのまま放置しておくとパートナーに移してしまう危険も。検査は病院だけで行っているわけではありません。自分が受けやすい方法を知ってきちんと検査を受けましょう。

用意と準備はどうするのか

手

何をするのか

性病検査は現在病院、保健所、検査キットで行う事が出来るようになっています。病院の場合はまずは電話やインターネットなどで性病検査をして欲しいと伝えます。泌尿器科、産婦人科、小児科、皮膚科などで検査は行っており、この場合、症状の有無によって用意する物が変わります。症状がすでに出ている場合は保険証は必ず持って行きます。しかし症状が出ていない場合は保険の適用外となる場合も有るので、保険証は不要だとされる場合も少なくありません。基本的には一般的な病気の検査で病院に行く時と同じものを持って行けばスムーズに検査を受ける事が出来ます。保健所の場合は検査費用が発生しないで検査を受ける事が出来るメリットがあります。また匿名での検査も可能となっているので、誰にも秘密の状態で検査を受ける事も可能です。ただ全ての性病に対して検査を行っているわけではなく、さらに検査を受け付けている時間帯も病院とは違う為、予定が合わなければ検査を受ける事は出来ません。この場合はまずは保健所に連絡をして、検査の予約を取る所から始めます。自宅などでも簡単に検査をする事が出来る点から、現在行う人が増えているのが検査キットを利用する方法です。この場合は、まずはインターネットなどを利用して検査キットを入手する所から始めます。後は血液や粘液の一部を採取し、それを検査機関に送れば性病に感染しているかどうかを調べて貰う事が出来ます。基本的に病院や保健所で性病検査をする場合は特別何かを用意する必要はありません。また自宅で検査キットを利用する場合は事前に検査キットの申し込みをすれば、簡単に性病検査が行えるようになっています。