Menu

自覚症状が出にくい病気

人形

自分で簡易検査する方法も

クラミジアやトリコモナス、梅毒といった性病は、痒みや陰部の臭いで気付くこともありますが、感染していても自覚症状が出にくいことが特徴です。特に、初期段階では自分で感染に気付きにくく、妊婦健診の際に行われる性病検査で初めて気づく人も珍しくありません。性病は、性経験がある人であれば、相手によって知らず知らずのうちに罹っている可能性があるため、自分は関係ないと思わずに検査を行うことが必要です。性病検査にはいくつかの方法がありますが、梅毒やHIVの場合は採血による血液検査、クラミジアやカンジダ、トリコモナスなどは膣内組織採取による検査で調べます。また、性交渉の内容によっては、膣内以外にも、のどにクラミジアや淋病が感染している場合もあり、のどの検査を行う場合もあります。これ以外にも、マイコプラズマやB型肝炎など、よく聞く名前の細菌に感染している場合もあり、一口に性病と言っても、たくさんの種類があることがわかります。これらの性病検査は、産婦人科で行うことができますが、一部の検査は、妊婦健診で必須検査項目になっている場合が多いのが現実です。性病検査は、自分から進んで行うべきですが、恥ずかしくて病院に行きにくいという人や忙しい人は、自分で検査できる簡易キットを利用することをお勧めします。簡易検査では、送られてきた検査キットを用いて自分で採取を行い、郵送でやり取りすることで、検査結果を知らせてくれます。郵送ではプライバシーが守られるような工夫がされており、病院に行きたくない人にとって大変便利な方法です。簡易検査を行い、陰性であれば安心できますし、陽性が出た場合は、専門の病院で治療を行えるため、自宅であらかじめ感染を知りたい場合に大変便利です。