Menu

感染すると妊娠に影響も

聴診器

秘密厳守で簡単に検査可能

性病は、性交渉によって知らないうちに感染している場合が多いため、定期的に検査を行って、感染の有無を確認することが大切です。性病に感染すると、陰部の痒みや臭いなどの症状が表れることが多く、初期段階では症状がほとんど出ないことが特徴です。異常がないからと安心せず、定期的に検査を行って、パートナーや配偶者に病気を移さないようにすることが大切です。性病検査は、産婦人科で受けることができますが、病院に行きたくない人や忙しい人は、自宅で簡単に行える簡易の検査キットをお勧めします。簡易キットは、郵送で送られてくるキットの検査方法に従って、指先の少量の血液や尿を採取し、それを検査機関に送ることで判定できます。郵送の際は、郵送物の内容がわかりにくいような工夫がしてあり、プライバシーが守られていることから、密かに性病検査をしたい人にお勧めです。昔、不特定多数の人と関係を持ってしまった人やコンドームを付けずに性交渉をしてしまった人など、病院で事情を話しにくい人には利用しやすい検査方法です。また、結婚前に性病検査を行っておくと、妊娠した時に安心できるため、女性にとってブライダルチェックは大切なことです。性病に感染すると不妊症になる場合があり、また性病の内容によっては、お腹の赤ちゃんに影響が出る場合もあるため、性病検査は大切です。また、男性の場合は性病の自覚症状が出やすい人もいるため、少しでも異常を感じた人は検査をすることをお勧めします。特に、男性の場合は、産婦人科へ行きづらいと感じる人が多くいるため、そのような人には自宅で簡単にできる簡易検査が大変便利です。